大津市・草津市の不動産購入・売却はびわこハウジングセンターへ! > 株式会社びわこハウジングセンターのブログ記事一覧 > 不動産売却時の必要書類とは?タイミング別に解説

不動産売却時の必要書類とは?タイミング別に解説

≪ 前へ|頭金なしで住宅ローンを組むメリット・デメリットとは?   記事一覧   不動産売却の流れとは?売れない理由についても解説|次へ ≫

不動産売却時の必要書類とは?タイミング別に解説

不動産売却時にはさまざまな書類を用意しなければなりません。
準備できないと契約がスムーズに進まないこともあります。
必要書類はあらかじめ準備をしておきましょう。
この記事では、不動産売却時の必要書類と、売却前、契約締結時、決済時といったそれぞれのタイミングでどのような書類が必要なのか解説します。
また、取得方法についても説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。


不動産売却前に必要な書類と取得方法

家などを売り出す際には、前もって用意しておきたい必要書類があります。
1つは家や土地を購入する際に受け取ったパンフレットです。
パンフレットには物件の築年数や設備、構造についてなどが記載されているので、それを不動産会社に渡せば広告を打ち出す際に役立ちます。
手元にない場合は、管理会社などに問い合わせてみましょう。
また、住宅ローンを完済していない場合は、住宅ローンの償還表が必要です。
残債を確認し、家の売価を決めるための必要書類です。
金融機関から送られてくるので、確認しましょう。

不動産契約締結時に必要な書類と取得方法

契約締結時の主な必要書類としては、権利書や固定資産税納税通知書、建築確認済証があります。
権利書は不動産の所有者が登記名義人であることを証明するもの。
固定資産税納税通知書は納税額の確認をするもので、市区町村役場で発行され、送付されています。
紛失した場合は、市区町村役場の窓口で取得できます。
さらに、建築確認済証は、建築基準法などに違反していないことや、工事が完了していることを証明できる書類です。
コピーや再発行はおこなっていないので、大切に保管しておく必要があります。

不動産決済時に必要な書類と取得方法

不動産決済時に必要な主な書類は、固定資産評価証明書や登記済証・登記識別情報通知、印鑑証明書や写真付き身分証明書です。
固定資産評価証明書とは、不動産の評価額を証明する書類で、市区町村の窓口、もしくは郵送で取得できます。
入手するには、申請書と本人確認書類が必要です。
また、固定資産評価証明書は本人もしくは同居する家族に限り申請できます。
それ以外の人が申請する場合は所有者本人からの委任状が必要です。

まとめ

不動産売却時には、パンフレットや住宅ローンの償還表、固定資産税納税通知書、建築確認済証や権利書など、さまざまな書類が必要です。
なかには再発行できない必要書類もあるので、発行されたものはきちんと保管しておくようにしましょう。
不動産の売却が決まったらスムーズに進められるよう、必要種類は前もって用意しておくことをおすすめします。。







≪ 前へ|頭金なしで住宅ローンを組むメリット・デメリットとは?   記事一覧   不動産売却の流れとは?売れない理由についても解説|次へ ≫

 おすすめ物件


パデシオン西大津

パデシオン西大津の画像

価格
3,780万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市桜野町2丁目
交通
大津京駅
徒歩3分

サンルシエル大津

サンルシエル大津の画像

価格
2,295万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市逢坂1丁目
交通
大津駅
徒歩3分

堅田1丁目 分譲全5邸1号棟

堅田1丁目 分譲全5邸1号棟の画像

価格
2,690万円
種別
新築一戸建
住所
滋賀県大津市堅田1丁目
交通
堅田駅
バス6分 仰木道 停歩12分

グランドメゾン仰木の里4番館

グランドメゾン仰木の里4番館の画像

価格
1,290万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市仰木の里4丁目
交通
おごと温泉駅
徒歩18分

トップへ戻る