大津市・草津市の不動産購入・売却はびわこハウジングセンターへ! > 株式会社びわこハウジングセンターのブログ記事一覧 > 不動産相続の限定承認とは?メリットデメリットと限定承認のケースを紹介

不動産相続の限定承認とは?メリットデメリットと限定承認のケースを紹介

≪ 前へ|今日から新学期!   記事一覧   新築購入や中古リフォームを検討中の方へオール電化の設備や電気代をご紹介|次へ ≫

不動産相続の限定承認とは?メリットデメリットと限定承認のケースを紹介

不動産相続の限定承認とは、一部の利益のみを相続したい場合に使える制度です。
相続財産で賄える負債は弁済し、あまりが出れば受け取ることができ、反対に負債が弁済しきれない場合は自分の財産から弁済しなくて良いというものです。
今回は、そんな不動産相続の限定承認のメリット・デメリット、またどのようなケースに限定承認を使うべきかをご紹介します。


不動産相続の限定承認を使うメリット・デメリット

不動産相続の限定承認を使うメリット

1番大きなメリットは、被相続人の負債を相続人自身の財産で負担する必要がない点です。
債務超過をしているかわからない場合に限定承認をしておくことで、プラスの財産は受け取り、良いところだけを持っていくことができます。
すべてを受け取らない相続放棄とは異なるので、自宅など自分が相続したいものは相続することができます。
その場合には、優先的に購入が可能な「先買権」という権利を使用すれば、自宅などの必要な財産だけを取得することができます。

不動産相続の限定承認を使うデメリット

不動産相続の限定承認を使うデメリットは、相続人全員の意見を一致させる必要があることです。
限定承認を使うには、相続人全員で家庭裁判所に申立しにいく必要があります。
そのため、一人でも意見が一致しない方がいれば利用ができないと考えるのが適切であると言えます。
また、みなし譲渡所得税が発生する可能性がある点もデメリットと言えるでしょう。
譲渡所得税は、本来被相続人が支払うべきものではありますが、すでに他界しているので被相続人の遺産から支払われることになります。

不動産相続の限定承認をおこなうべきケース

不動産相続の限定承認をおこなうべきケースは2つあります。

債務超過しているか不明な場合

被相続人が債務超過しているかが不明な場合、多額の借金を背負う可能性も出てきます。
その際に、限定承認をしておけば多額の借金を返済しなくて済みます。

実家など特定の財産を相続したい場合

借金があるけれど、実家などの財産を相続したい場合は、それらを残せます。
また、自宅だけでなく被相続人が経営していた会社にも同じことが言えます。

まとめ

今回は不動産相続の限定承認について解説しました。
利用できる場面は限られている限定承認ですが、債務が多いかどうかが不明な際には利用するのが好ましいと言えます。
また、借金があれど自宅などどうしても相続をしたいものがあれば、その場合でも活用することができます。
私たちおうち市場は、滋賀県大津市、草津市を中心に豊富な売買物件を取り扱っております。
ベテランスタッフが、住まい探しのお悩みに親切・丁寧にご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。。





≪ 前へ|今日から新学期!   記事一覧   新築購入や中古リフォームを検討中の方へオール電化の設備や電気代をご紹介|次へ ≫

 おすすめ物件


パデシオン西大津

パデシオン西大津の画像

価格
3,780万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市桜野町2丁目
交通
大津京駅
徒歩3分

サンルシエル大津

サンルシエル大津の画像

価格
2,295万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市逢坂1丁目
交通
大津駅
徒歩3分

堅田1丁目 分譲全5邸1号棟

堅田1丁目 分譲全5邸1号棟の画像

価格
2,690万円
種別
新築一戸建
住所
滋賀県大津市堅田1丁目
交通
堅田駅
バス6分 仰木道 停歩12分

グランドメゾン仰木の里4番館

グランドメゾン仰木の里4番館の画像

価格
1,290万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市仰木の里4丁目
交通
おごと温泉駅
徒歩18分

トップへ戻る