大津市・草津市の不動産購入・売却はびわこハウジングセンターへ! > 株式会社びわこハウジングセンターのブログ記事一覧 > 不動産売却における消費税とは?非課税となるケースと注意点を合わせて解説

不動産売却における消費税とは?非課税となるケースと注意点を合わせて解説

≪ 前へ|家を購入したときに住所変更をおこなうベストなタイミングを解説!   記事一覧   新春おうち探しフェア‼|次へ ≫

不動産売却における消費税とは?非課税となるケースと注意点を合わせて解説

これから不動産売却を検討されている方にとって、何の必要経費が発生するか把握しておくと安心です。
経費によっては消費税がかかるため、決して安くない建物や土地の価格で取引が行われると、課税も大きくなります。
今回、不動産売却において消費税が影響するケースと、非課税となるケース、課税対象に関わる注意点について解説します。


不動産売却で消費税が影響するケースとは?

消費税が影響するケースについて、以下の3点を解説していきます。

仲介手数料

不動産売却時に、仲介を依頼する仲介社へ支払う手数料に課税されます。
仲介手数料の上限については、売買する価格に準じて法律で定められています。

一括繰り上げ返済手数料

建物や土地を売る際に住宅ローンの残債がある場合、不動産自体を担保に取られているため、一括で返済しなければ売却することができません。
一括繰り上げ返済手数料は、残債を一括で返済する際に発生するため、課税の対象となります。

司法書士報酬

建物や土地を売る際、所有者の権利が換わるため、登記手続きを行います。
売主は、抵当権を抹消する手続きが必要となるため、一般的には手続きを司法書士に依頼します。
依頼の報酬を司法書士に支払う際、課税の対象となります。

不動産売却で非課税となるケースとは?

非課税となるケースについて、以下の2点を解説していきます。

土地の売買や貸付

土地の売買や貸付は、消費されるものでないと一般的に考えられているため、非課税の対象となります。
例外に、土地を地下車庫や駐車場として利用している場合は設備と評価されるため、売買の際に課税対象となります。

個人の建物の売買

建物は、土地と異なり課税対象となります。
しかし、個人の建物を売買する際、事業を目的としないため、自宅や別荘、セカンドハウスはすべて非課税の対象となります。
対して、投資用の建物売却は個人でも事業の一環とされるため、2年前の売上高が1,000万円を超えている場合は、タイミングによって自宅の売買でも課税の対象となります。

不動産売却時の消費税に関わる注意点とは?

消費税に関する注意点について、以下の内容を解説していきます。

法人の建物売買の注意点

法人の建物売買は、事業を繰り返しおこなうことを指すため、個人が建物を売買するのとは別に、課税対象となる点に注意が必要です。
個人の建物は、一般的に課税されない状態の売買価格で取引きされるため、買主にとってはコストが抑えられるメリットがあります。
しかし、法人などが取扱う課税対象の建物は、消費税が追加されるため、売買される不動産価格が高くなる傾向にあります。

まとめ

不動産売却で消費税が影響するケースと非課税となるケース、課税対象に関わる注意点について解説してきました。
課税を分ける項目をしっかりと把握することで、消費税の存在も想定できます。
これから建物の売却を検討される方は、一度発生する経費をまとめてみてはいかがでしょうか。。


≪ 前へ|家を購入したときに住所変更をおこなうベストなタイミングを解説!   記事一覧   新春おうち探しフェア‼|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

田淵 雄基 最新記事



田淵 雄基

生まれも滋賀県! 育ちも滋賀県! 地域のことはお任せ下さい! 長年の不動産売買の経験を活かし お客様に最適な提案をさせていただきます!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


コスモ膳所公園

コスモ膳所公園の画像

価格
2,480万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市丸の内町
交通
膳所本町駅
徒歩6分

パデシオン西大津

パデシオン西大津の画像

価格
3,780万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市桜野町2丁目
交通
大津京駅
徒歩3分

下阪本3丁目

下阪本3丁目の画像

価格
3,480万円
種別
中古一戸建
住所
滋賀県大津市下阪本3丁目
交通
松ノ馬場駅
徒歩10分

秋葉台

秋葉台の画像

価格
1,280万円
種別
売地
住所
滋賀県大津市秋葉台
交通
膳所駅
徒歩19分

トップへ戻る