大津市・草津市の不動産購入・売却はびわこハウジングセンターへ! > 株式会社びわこハウジングセンターのブログ記事一覧 > 空き家を放置するのはいけないの?考えられるデメリットとは?

空き家を放置するのはいけないの?考えられるデメリットとは?

≪ 前へ|大盛況♪   記事一覧   住宅ローンの選び方や金利・夫婦でのペアローンのメリットについて解説|次へ ≫

空き家を放置するのはいけないの?考えられるデメリットとは?

日本には、数多くの空き家が存在しており、それが大きな問題にもなっています。
劣化が進行しているような物件もあり、このまま放置しているとさらに問題が発生する可能性もあります。
ここでは、空き家を放置することで考えられるデメリットや、売却する方法についてご紹介します。


空き家を放置することで発生するデメリット

空き家の老朽化によって、さまざまな問題が発生します。
住んでいなくても、維持管理は必要になるため、その手間も大変です。
それは、建物だけでなく草取りなど周囲の管理なども含みます。
長く放置していれば、知らず知らずのうちに建物が腐ったり悪臭を放ったりして周囲に迷惑をかけることがあるほか、倒壊する危険性さえあります。
また、犯罪に使われてしまう可能性もあるため、自分だけでなく周りの人にとってもデメリットな存在であると言えるでしょう。
荒れ放題の状況を目にすれば、誰でも気分が悪くなります。
近所とのトラブルに発展することもあるので、早めに対策を考えることが必要です。

空き家は住まずに放置していても税金がかかる

デメリットの一つとして、いろいろな費用がかかることがあげられます。
たとえ使っていない家であっても、固定資産税が発生するほか、家がある場所によっては都市計画税の支払いも必要になります。
また、特定空き家になれば、減税の特例が適応されません。
行政から指導を受ける場合もあり、デメリットは少なくないのです。
つまり、空き家を放置していても、管理が大変だったり、税金の支払いがあったりするなど、メリットはほとんどないと言えるでしょう。

空き家を放置せずに売却する

今後使う予定がない物件は、売却についても検討することをおすすめします。
まだ使えそうな建物であれば、リフォームをして売るのも良いですし、そのままの状態で売り、購入者が自由にリノベーションして使う流れもあります。
また、古家付き物件として売却する方法もあります。
古民家などに魅力を感じる方もいるので、この方法で進めていくのも良いでしょう。
ただし、ある程度売りに出しても購入者がいない場合は、更地にして売る方法に切り替えて進めていく必要があります。
更地にして売る場合、解体費用などがかかりますが、物件によってはこちらのほうが売却しやすい場合もあります。

まとめ

空き家を長く放置していると、いろいろなデメリットが考えられます。
固定資産税などの税金の支払いがあるほか、維持管理に手間やお金がかかることも気になる点です。
売却する方法はいろいろあるので、比較しながら良いと思う方法を見つけてみましょう。
私たちおうち市場は、滋賀県大津市、草津市を中心に豊富な売買物件を取り扱っております。
ベテランスタッフが、住まい探しのお悩みに親切・丁寧にご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


≪ 前へ|大盛況♪   記事一覧   住宅ローンの選び方や金利・夫婦でのペアローンのメリットについて解説|次へ ≫

 おすすめ物件


パデシオン西大津

パデシオン西大津の画像

価格
3,780万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市桜野町2丁目
交通
大津京駅
徒歩3分

サンルシエル大津

サンルシエル大津の画像

価格
2,295万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市逢坂1丁目
交通
大津駅
徒歩3分

堅田1丁目 分譲全5邸1号棟

堅田1丁目 分譲全5邸1号棟の画像

価格
2,690万円
種別
新築一戸建
住所
滋賀県大津市堅田1丁目
交通
堅田駅
バス6分 仰木道 停歩12分

グランドメゾン仰木の里4番館

グランドメゾン仰木の里4番館の画像

価格
1,290万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市仰木の里4丁目
交通
おごと温泉駅
徒歩18分

トップへ戻る